Sake Cafe Lab 250
梅田 宗哉さん

​実現したいなら

リスクを取る

​日光の参道を進んで神橋の先、西参道の近くに店を構える。

パッと目を引く青い看板と、利き酒体験の文字。

扉を開け、二階へ上がるとそこが店舗だ。

ずらりと並ぶ栃木の地酒に心が躍る。

ここはセルフサービスで、先に料金を払い、あとは自分で好きな酒を選んで自由に飲むことができる。

30分1500円で何種類でも試せる利き酒コース(オープン価格)の他に、グラス400円で頼むことも可能だ。

たくさんのグラスの中から好きなものを選び、並々注ぐ。

自分で好きなだけ注いでいいとは、なんて贅沢だろう。

日本酒になじみのない外国人や、非日常、その土地ならではの特別感を求めてくる観光客にとって、地酒の利き酒はうってつけ。

30分だからこそ、気軽に、観光のスキマ時間でも体験できるのだ。もちろん、時間があるなら延長してもいい。

「日光を訪れるすべての人に観光を楽しんでもらう」

をとことん考えた末にできた、店主こだわりのサービスと言える。

sake cafeなので、珈琲も提供する。

グループの中にお酒の苦手な人がいる、今日は飲めない、ちょっと休憩したいだけ、そんなゲストでも楽しめるようになっている。

スタイリッシュな店内は、女性1人でも入りやすいだろう。

こんな、様々なことに配慮する店主は慎重派と思いきや、

「実現したいなら、リスクを取る」

 

がモットーだ。リスクを取らねばリターンもない。

前職でマーケティング調査をしていた店主は冷静に数字を分析し、可能性を考える。そして大胆に決断する。実は店舗の場所も、思い切って日光に移住してから、色々な人と関わるうちに運よく見つかったらしい。

始めるための条件さえ整えば、始められる。

始めてみて理想とのギャップがあれば、あと後から埋めていけばいいのだ。

Sake Cafe Lab250のLabは、思考の実験室にしようという思いからつけた。店主の思考実験はずっと続いていき、その思考の先には日光の生き生きとした未来がある。

これからもSake Cafe Lab250から目が離せない。

取材日 2020/03/20

店舗情報

Sake Cafe Lab 250

栃木県日光市安川町9-17

12:00~18:00  水曜定休

lab250sc@gmail.com

​P 近くに市営駐車場アリ

https://lab250sc.wixsite.com/nikko-japan

新しく開栓した酒の情報などは、facebookやtwitter、Instagramをチェック